サイト内検索

土井直也「新・虎の衣を借りて着る展」

2月11日(火)- 16日(日)
12:00-19:00 (最終日17時)

展覧会中のブログ


200211-2.jpg


200211-3.jpg


200211-4.jpg


200211-1.jpg


虎のオブジェの解体から再構築される、フィクションの生物のための入れ物は、
リアルでフェイクな衣服となり、「包む」と「包まない」を同時に内包するパラドックスを生む。
その衣服を人間が借りて着ることにより、フィクションの生物の新たな所在を探る。
果たして新・虎はいるのか。

2006年 桑沢デザイン研究所卒業
2007-2013年 アパレル勤務(パタンナーとして)
2014年 留学のため渡英
2016年 University for the creative arts MA Textiles 修了

「モノ」の曖昧さと信憑性について研究、制作。
パターンカッティングの技術を駆使し、「モノ」の展開図から新たな入れ物の可能性を模索する。


200117-1kodama_2.jpg
2018, ダンボール、シーチング、顔料、ステープル


200117-3lm_1.jpg
2018, ダンボール、シーチング、顔料、ステープル


200117-4ND4.jpg
2016, ダンボール、ステープル


200117-2ND6.jpg
2016, シーチング、顔料


 人はモノを見たとき、瞬時にそれが何なのか明らかにしようとし、モノには本質があると考える。
しかし、モノは多くの人間の" 認識" という名のレイヤーによって作られており、実はその中心(本質)には何もない。
人にとってモノがクリアになるということは同時に、モノがより曖昧になるということでもある。
本質があるとすれば、このパラドックスの事なのかもしれない。
目に見える相対的な事象に、パラドキシカルな本質を見出し、新しい入れ物として制作している。(土井直也)