サイト内検索

服部知佳 写真展 ときのかけら

2017年2月21日 (火) - 2月26日 (日)
12:00ー19:00(最終日17:00まで)

ときのかけら

今、目の前に広がる光景が、実際のものとは違って見えてくることがあります。それは、そこから広がる想像や感じ取る空気が、自分の記憶の何かと重なったときに起こるのだろうと思います。

姿を変えながら在り続けモノや、どこかからやってきたかけらは、それぞれの「とき」を刻み続けています。不完全になってしまったモノたちと対峙していると、それらの刻んできた「とき」が放つ美しさや存在感、不安定感に心がざわめくのを感じます。このざわめきは、意識が薄れているものを意識したときに「はっ」とする心の動きにも似ています。

そして、その見えていないものを想像した時に感じる美しさは、充たされたものが全てではなく、ほんのかけらでも十分なんだと思えるのです。

このかけらたちは、見えているモノだけではなく、見えていないモノも見る(想像させる)ことを、私に教えてくれるのだと思います。

 

服部知佳 略歴

父親からカメラを譲り受けたことがきっかけで、文化センターの写真教室受講、 その講師の主宰するワークショップに所属し、作品作りを始める。

レンズが創り出す世界に魅かれ、何か想像させるもの、切り取り方で印象や見え方が変わる、 別のモノに見えてくることで、何か心に引っ掛かる記憶を呼び覚ますような写真を撮りたいと、作品を制作している。

2014年
NADAR 写真家・野村恵子さんと学ぶ「女性のための写真表現講座」受講
2008年
NADAR「女性による女性のための写真教室」受講
2001年
ワークショップ「写房」所属
2000年
文化センター「千種カレッジ」の写真教室 受講

●個展
2013年8月『残照』 Roonee 247 Phtography
2011年7月『夏色時間』 Space-k代官山
2010年6月 moani〜風が運ぶもの NADAR/SHIBUYA

●グループ展・公募展
2007年12月  PENTAX PHOTO TREC ノリタケの森ギャラリー
2009年3月  PHOTO IMAGING EXPO 2009 東京ビッグサイト
2012年4月  第9回ベラドンナ・アート 東京都美術館
2012年11月  シモベーズ写真展「山手線一周しちゃいました。」 NADAR/TOKYO
2013年7月 「写真生活手帖〜展示の楽しみ」展 Kobe 819 Gallery
2013年10月  Art Link 上野・谷中 企画展「Photographs」 GALLERY KINGYO
2014年6月  七宝焼と写真のコラボレーション「香る黒南風〜過ぎし空」 SPACE‐K代官山
2014年9月  記憶について GALLERY KINGYO
2015年7-8月  6ギャラリー合同展 -6SSF - 6 Sense Summer Festa 

●展示その他
2013年
1月  NTMY TAIPEI&TOKYO EXHIBITION
3月  ART DUBAI
11月 ART SAPPORO 2013 EINSTEIN STUDIO企画 FRESH PHOTO JAPAN WONDER BOX
12月 SINGAPORE ART BOOK FAIR EINSTEIN STUDIO企画 FRESH PHOTO JAPAN WONDER BOX
2014年
3月
NEW CITY ART FAIR EINSTEIN STUDIO企画 FRESH PHOTO JAPAN WONDER BOX at NEW YORK
3月
東京アートフェア EINSTEIN STUDIO企画 FRESH PHOTO JAPAN WONDER BOX